FC2ブログ

優しい時間

久々のニシアフリカトカゲモドキチョコです。
IMG_1178.jpg

ヒョウモントカゲモドキのみかんも同じく
ニシアフリカトカゲモドキってタフなんでしょうかね。
幸いなことに両方とも怪我も病気もなく、餌をモリモリ食べて
自分たちの気持ちの良い温度を選んで毎日ぐっすり寝て
いつも排泄の調子もいいです。
なので平和な日々。

IMG_1181.jpg

IMG_1180.jpg

IMG_1182.jpg

指先までモチモチしててかわいいだなんて。
IMG_1188.jpg
「よく食べよく出しよく眠る」。
人間と同じでやっぱりこういうところが健康には大事ってことですね。

お昼寝中のチョコを静かに見ていると
ふと起きてきて眩しそうな顔をしながら
私の方をいつも見てくれます。
その仕草が可愛くてたまらなく嬉しい気持ちにさせてくれます。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 爬虫類 | ジャンル: ペット

ヘルマンリクガメの現在の床材

ヘルマンリクガメまめちゃんの床材なんですが
結局一番最初に使っていたものに戻りました。

最初はコーンクリーンベッドを使いそれから
別の商品を使っていた時期がありまして。
その別の商品と言うのがおがくずをペレット状に固めたものなんです。
コーンクリーンベッドより安価というのもあって
使っていたのですが、掃除が割と面倒。
ペレット状のものが崩れるととても細かい粉状になり
それがあちこち舞って掃除が大変なのと
粉が舞うのでそれを少なからずまめちゃんが吸っていて
(まめちゃんは元気ですが)そこら辺も気になっていて。
もっと小さい子亀ちゃんサイズとかならペレット状のまま
上手く使えそうだと思います。
まめちゃんくらい大きくなるとどしどし乗ったり歩いたりして
押しつぶしてペレット状から粉状になるので。

マルカン コーンクリーンベッド 小動物用 900g
71W6byknHZL__SY679_.jpg
画像はamazonから。

それと最近これはどうなのかな?とお試し感覚でこちらを購入。
こちらはクルミの殻でできていてコーンクリーンベッドより粒は小さめです。
コーンクリーンベッドに混ぜてみましたが
特に香りもなく使いやすいです。まめちゃんも気にせず過ごしています。

カミハタ デザートブレンド 1.5kg
71XVZ8Ta4RL__SY679_.jpg
画像はamazonから。

こういう素材で作られたものだとやはり安心感があります。
両方とも粉状にならないので楽。

関連記事
テーマ: 爬虫類 | ジャンル: ペット

かわいいぞ!

久々のオオアシカラカネトカゲメロンです。
写真を撮った後にあぁ、ケースを拭いておけばよかったと思う・・・^^;
でも撮りなおさず載せます・・・。

どこもかしこも愛くるしい姿。
IMG_20180823_021152.jpg

流木の上も好き。シャシャッと登ります。
IMG_20180823_021301.jpg

IMG_20180823_021413.jpg

IMG_20180823_021517.jpg

口は小さいですが給餌の時は大きくあんぐりと口を開けて
餌にがぶりと食いついて上手に食べます。
小型だけれど結構パワフルで食欲旺盛です。

この間の給餌の時いつもは自分から嬉しそうに来るんですが
流木の中でじっとして動かない。
おーいと思ってさわさわしてみても全然反応なし。
ぴたりと固まったまま動かない。
「え・・・もしかして」と一瞬ひやりとしました。
が、メロンはただ目を開けて熟睡していただけで
ゆっくり一度口を開けて(あくびかな?)
その後いつも通りガブガブ餌を食べていました。
死んでしまったのかととても驚きました。
でもいつも通り元気で本当にホッとしました。よかった。

メロンの小さな黒い綺麗な目や
可愛い手足を見るのが楽しいです。
「今日も可愛いね~」なんて言いながらメロンを見つめています。
そんな毎日です。


関連記事
テーマ: 爬虫類 | ジャンル: ペット

沢山の言葉

今年に入ってから全く思ってもいなかった突然のお別れがありました。
モルモットのプリンが亡くなって落ち込み
ゆらゆらした気持ちを抱えても他の子たちとの毎日で
少しずつ元気をもらっていました。
そこでまた突然のお別れ。
フクロモモンガのピッピとのお別れに打ちのめされました。
「明日の朝起きてあの子が死んでいたらどうしよう」と
私は不安になり生き物と接することに
不安と漠然とした恐怖のようなものを少し感じていました。

IMG_1130.jpg

そんなときにふとブログを始めてから
助けて頂いた言葉を思い返しました。
長毛ハムスターのゆきちゃんが亡くなった時
ゆきちゃんの記事や写真を見ては「可愛い」と
よくコメントをくださっていた方の言葉。

『飼育が簡単な生き物なんてこの世にいませんよ』

ゆきちゃんの死を一緒に悲しんでくれて
そして辛く苦しい私にはこの言葉に
すごく慰められました。

そしてこれはまた別の方の言葉なのですが
これにも助けてもらいました。

『具合が悪くなった時は基本に戻る、ですよ』

何もかもが初めてで不安だった私を力強く支えてくれました。
この他にも沢山あります。
ブログを読んでくださる方々から頂いた沢山の言葉。
私の心の中に残っている優しい言葉が沢山あります。
私はいつもブログで繋がる方々に助けてもらっていると思いました。

IMG_1128.jpg

IMG_1109.jpg

IMG_1101.jpg

そうやって色々な言葉を思い返していたら
「そうだ、何も怖がることはない」と思いました。
今を生きる子たちと一生懸命自分なりに頑張っていけばいいんだと。
いつもお迎えしたときの気持ちで生き物たちと
接していこうと思いました。
なんというのか、私なりの改心というのか・・・?
そうしたら不安と恐怖は少し薄れて生き物たちに対する
愛おしさがより一層強くなりました。
・・・だからこれからもまた私は頑張れそうです。

関連記事
テーマ: ブログ | ジャンル: ブログ
Tag: 雑記

フクロモモンガのピッピが亡くなりました

フクロモモンガピッピが8月6日に亡くなりました。
見たら倒れ込んでいて一瞬寝ているのかと思いました。
声をかけてもぴくりともせず急いで起こしたら
もう冷たくなって体は硬直し始めていました。
たぶんなのですが夜のうちに亡くなったのだと思います。
鼻のあたりが赤くなっていて血のようなものがついていました。
それ以外はどこもきれいで寝ているような顔をしていました。

ピッピが死んでる!!」と叫んで
その声を聞き母がすぐに私の隣に来て・・・。
私は「あぁ、こんな突然。もう冷たくなって」
そう思いながら掌にピッピをのせて撫でていました。
「体を冷やさなきゃ」と妙に冷静でした。
保冷剤を用意したり、体重を量ったりして
色々とやり終わったらその途端に涙がわっと出てきて
立っていられずしゃがみこんで泣きました。
太ももに涙がぼたぼた落ちて
「最期は苦しかったのかな・・・」
色んな事が頭の中に浮かびました。

ピッピの薄かった額の毛が去年より増えてきて。
本人は気がついているのかな?
毛繕いの時「オレ最近毛が増えたな」とか思ったりするのかしら?
なんて思ったり
以前より少し甘えん坊になってそれが嬉しくて・・・
そんな日々の矢先でした。

ピッピと暮らし始めて6年7か月3日でした。
最期のごはんはペレット、梨、ブルーベリー、ミックスベジタブル。

もっとこうしたかったとかこんなことしてあげたかったとか
後悔ばかりでピッピに申し訳ないです。
フクロモモンガ用のペレット、ミルク、色んな種類のキャットフード、
タンパク質ゼリー、ドライフルーツ、種子類。
様々なものを沢山残したまま突然逝ってしまいました。

いつも丁寧に毛繕いしていた綺麗な毛や
触ると指にくるんとしてくれるかわいい尻尾。
薄くて繊細な耳。ふわふわの飛膜。頑丈で小さな前歯。
名残惜しくて沢山沢山撫でました。

6年ずっと使っていたお皿も
もう使うことは二度とないんだね。

撫でている時に私の手に柔らかい鼻先を
ちょんとくっつけてくれるのが嬉しかったなぁ。

お別れの前の最期の夜は
一晩中起きてピッピの側にいました。
本当は寝ているだけで、起き上がっていつもみたいに
元気に動き回ってくれないだろうか。
そんなことを思っていました。

大好きなペレット、ドライフルーツ、種子類とお花を
持たせてお別れしました。

こんな飼い主でごめんね。
心残りなことは色々あるの。
大好きだよ。
ピッピ、今まで一緒にいてくれてありがとう。


追記に最期の写真を載せておきます。
まるで寝ているかのような安らかな顔をしています。
もしよかったら見てあげてください。


続きを読む
関連記事
テーマ: フクロモモンガ | ジャンル: ペット