思うことは

お店やネットを見ていてふと
「あ、いつもみたいにチモシーや
ペレットをもう買うことはないんだ」
と思うたびに強烈な寂しさに襲われます。
もう二度と叶うことのない夢だけれど
「プリンに会いたい。もう一度撫でたい」
そんなことが頭に浮かびます。

外に出るとあちこちで様々な花が咲いていて
お日様を浴びて生き生きしています。
綺麗だなと思って眺めていましたが
なんだかその花たちの美しさが今の私にはすごく眩しく感じて
家に帰ったら気持ちが少し落ち込みました。
IMG_1089.jpg

いつも生き物たちを見てから寝ています。
プリンおやすみと言いながら撫でていました。
今は遺骨に手をあわせています。
プリンの遺骨を前にすると何も考えられなくなって
無心で飾っているお花やお供えした好物をじっと見ています。
涙は出なくなりましたがそれでもつらいです。

プリンの写真を見ると悲しくなるので
写真はほとんど見ていません。
プリンことを頭に思い浮かべながら
遺骨を撫でています。

IMG_1093.jpg

今まで花を見て綺麗だと思うのは当たり前でしたが
お花を供えるようになってから
「頑張って咲いてくれてありがとう」という気持ちになりました。
プリンが亡くなってから花に感謝することに気がつきました。
花に対して本当に愛情を感じるようになりました。

IMG_1095.jpg

関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ブログ | ジャンル: ブログ
Tag: 雑記

もしかしたら食いしん坊かも

フクロモモンガピッピです。
IMG_20330398140.jpg

IMG_2089004233236.jpg
ピッピを撫でまわしてたら相当うざかったのか
シャシャッと素早く避けられるという・・・。ごめんね。程々にする。
尻尾はあまりうざくないのかわふわふ撫でても無反応。
気持ちいいのでいつもピッピを撫でながら
「うひょ~ふわふわ~」と何かしら言ってます。笑

基本的にご飯はこんな感じです。
トマト、苺、コーン・人参・グリンピース、フクロモモンガフード。
種子類はおやつとして少量あげています。
果物がない時はドライフルーツをあげています。
IMG_1091.jpg
ペレットも好きでカリカリ夢中で食べます。
フクロモモンガが食べてOKなものは
色々あげてみましたがなんでもよく食べます。
もしかしたらピッピは結構食いしん坊かもしれません。笑
白米も大好きで「プクプク」鳴きながら食べます。

「ハムスターのグラノーラ 贅沢ハムグラ ナッツ&シード」
IMG_1096_1.jpg
これをちまちまとおやつにあげたりしています。
1袋に何種類も入っていて便利です。
色々入っていて、クコの実も入っています。
食べるかな?とあげてみたらもしゃもしゃ食べていました。
おいしいみたいです。
クコの実って健康にいいと聞くのでおいしそうに食べるのを
見るとなんだか嬉しくなります。
体は小さいけれどもりもり食べて
もりもり立派なウンチを出してます。

関連記事
テーマ: フクロモモンガ | ジャンル: ペット

もちもちっとシトロン

先週近所の桜が一斉に咲いていて買い物行きがてら
ちょびっとだけ見ました。

クランウェルツノガエルシトロンです。
写真は今年の1月のものです。
もちもち。日々成長。かわいいです。
IMG_1033.jpg

鳴いているところを見てみたいのですがなかなか叶わず。
IMG_1034.jpg

IMG_1035.jpg

足もむちむちしてます。
IMG_1040.jpg

可愛いし、感触が気持ちいいのでずっと触っていたくなります。
でもそういうわけにはいかないので我慢^^;
鳴くのは24時・25時あたりが多いです。
今のサイズで結構大きな声なので
この先もっと体が大きくなったら鳴き声は
どのくらいのものになるのだろうかと
ドキドキワクワクしてます。笑

関連記事
テーマ: 両生類 | ジャンル: ペット

さみしいけれど、でもやっぱり

プリンの目は開いたままでそれが痛々しかったのですが
時間が経つにつれて少しずつ目元が柔らかくなり
眠る前のような優しい目元になりました。

プリンを火葬する前、一緒に過ごす本当に最後の夜。
プリンを迎えた日のことはまるで
数日前のことかのようによく覚えています。
今までの沢山の思い出が頭に浮かんでは消えていきました。
プリンの頬や鼻を撫でながら「プリン」と呼びかけようとしたのですが
言葉が喉に引っかかって、胸が苦しくて何も言えない。
涙が沢山出てくるだけで。
なので心の中でプリンに話しかけました。
「プリン、これが最後の夜なんだね。7年間あっという間だったね。
本当にあっという間だった。
プリンがいないとさみしいよ。さみしくてたまらないよ。
もっと一緒にいたかったよ。もっともっと一緒にいたかった。」
冷たいプリンを撫でながら声をあげて泣きました。

納棺の時に担当してくださった業者さんの言葉で
心にずしんと、というのか一番心にきたのが
「7年間お疲れさまでした」という言葉でした。

プリンを迎えてからずっと一緒にいました。
「モルモット」との生活というのは生まれて初めてのことで
色々なことが初めてで新鮮で不安なことも心配なこともありました。
でも一番は、本当に楽しかった、ということだけです。
あんまりにもプリンとの時間が楽しくて
だからこんなにも7年があっという間に感じたんだと思いました。
「お疲れさまでした」というのを聞いてその時間が
本当に終わったんだなと思いました。

亡くなってしばらくの間は生々しい悲しみに包まれていました。
でも遺骨に好物やお花をお供えしてその度に
生前と同じように話しかけているうちに段々こう考えるようになりました。
プリンは亡くなって肉体から魂が解放されて自由になったんだなと。
もう触れることも声を聞くこともできないけれど
プリンは自由になってどこか遠い世界に行って
今まで見たこともないような景色を見ているんだろうなぁって。
そう思うようになってから、もちろん寂しいし
切ないけれどプリンの遺骨の前で
微笑んで話しかけられるようになりました。

自分では意識していなかったのですが
私の時間の中でプリンが占めていた時間は結構大きくて
なんだか時間を持て余してしまっています。
プリンがいない生活に戸惑っています。

「幽霊でもいいからプリンでてきてくれないかなぁ。
プリンならちっとも恐くないもんね」、と母と話したりしました。
兄は子どもの頃から優しい人で
「これでも飲んで元気だしてください」と私の好きな
美味しいリンゴジュースを買ってきてくれました。
プリンを迎えたとき、私がペットショップに一緒に行ってほしいと
言ったら兄は快くついてきてくれました。
プリンが亡くなってから改めてそのお礼を
言おうと思ってLINEで伝えました。
すると兄から「もう6年以上前か。
プリン長生きしたね。幸せだったろう」と返事が来ました。
やっぱり兄は優しいなと思いました。

前回のお知らせの記事に頂いたコメントを読みました。
皆さんのお気遣いやあたたかい言葉に
感謝しながら読みました。
本当にありがとうございました。
プリンをかわいいと思ってくださったり
プリンの死を悲しんでくれたり・・・。
優しい気持ちと優しい言葉に触れると
なんだか胸がじんじんして泣きました。

残念なことにプリンの気配も感じないし何も見えません。
でも見えないだけで側にいるのか、
いつものように日向ぼっこでもしているのか、
どこか遠くの色んなところを見て回っているのかなと思います。

さみしいけれど、でもありがとう。
沢山のしあわせをありがとう。
プリンと過ごした時間私はとても幸せでした。

一番小さい頃の写真です。
IMG_2093018_192946.jpg

もぐもぐいっぱい食べたね。
P2102362_201803131722245a1.jpg

私の大好きな薄ピンク色で柔らかな鼻と唇。かわいいの。
P00011853_20180313172226b96.jpg

ぺらりとした独特の感触で耳もよく撫でていました。
P5122417_20180313172227ecb.jpg

色々な表情を見せてくれました。
IMG_0671_20180313172230a4d.jpg

メロンおいしかったね。
IMG_0323_20180313172244c9c.jpg

いつまでも愛しくてかわいい存在です。
IMG_1008_20180313172246e8f.jpg


関連記事
テーマ: モルモット | ジャンル: ペット

モルモットのプリンが亡くなりました

2月10日の夕方5時55分頃に亡くなりました。

私は近所に出掛けて1時間半ぐらい経ったとき
母からプリンの様子が変だと電話があり家に帰りました。
走って帰ってプリンのもとに行くと
母が泣いた顔で「だめだった…」と言いました。
ペットシーツの上にプリン
横たわっていてもう亡くなっていました。
膝の上にそっと抱き上げて心臓の辺りを触ってみましたが
しん、としていました。
頭の中は真っ白で何も考えられず、ただプリンを抱きしめて
額にそっと唇を寄せて泣きました。
母が言うには急に横たわって殆ど動かなくなり
5分ほどの間に亡くなったそうです。

私は「プリンが死ぬときは側にいるからね、約束。」と
ずっと思っていました。
最期側にいられず本当に申し訳ないことをしたと思いました。
でもプリンは最期一人ではなく
母が側にいて看取ってくれました。
母には辛い思いをさせてしまいましたが
側にいてくれたことに感謝しています。

2月13日に火葬しました。
業者さんに家に来て頂き母と私の2人で納棺しました。
プリンの好物であるペレット・チモシー・
チモシークッキー・アルファルファブロック・
南瓜の種、オーツ麦・パセリを棺に納めました。
亡くなった日に好物のリンゴは食べていましたが
パセリをあげられず、逝ってしまいました。
母が特にそれを残念がっていて
大きなパセリを棺に納めてくれました。

納棺用の花を選ぶとき「春らしい色がいい」のと
私の好きな紫色のスイートピーが綺麗だと思って決めました。
紫・黄・白のスイートピーと
カスミソウを顔の周りに敷き詰めました。

そうして送りだしました。
1時間半ほどしてプリンの遺骨は帰ってきました。
業者さんが「歯がとてもしっかり残っていますよ」
と言っていました。
遺骨はケージの上に置いて
プリンの好物やお花をお供えしました。

気持ちがごちゃごちゃしてしるような、
でも逆に何も感じないようなおかしな状態で
もっと沢山書きたいことがあるのですが…。
とにかく今寂しくて仕方がないです。

高齢でしたが調子は良く
いつも通りよく食べよく出しよく寝て
足腰もしっかりしていてシャキシャキ走っていました。
こんなに突然亡くなるなんて思いませんでした。
死因ははっきりとわからないのですが
心臓かどこかなのかな・・・。

一緒に暮らしてから6年11か月14日でした。
2月27日に迎えたので今年も記念日を
お祝いできると思っていました。
最期の体長約23㎝体重約725g。


プリンの口元と納棺の時の写真を載せておきます。
目が閉じず、開いたままだったので
目の写真は控えておこうと思います。
こういうの見たくない方もいるので追記にしておきます。
もしよければ見てやってくださいm(__)m

プリンを可愛がってくださった方々に感謝申し上げます。

続きを読む
関連記事
テーマ: モルモット | ジャンル: ペット