FC2ブログ

いつか飼いたいシリーズ2~鳥~

           
いつか飼いたい生き物、鳥編です。

セキセイインコ、ボタンインコがかわいいなと思います。
特にセキセイインコのルチノーかわいい。
それと文鳥は静謐な雰囲気を漂わせて美しいなと思います。

鶏もいいなぁと思うんです。
母の実家で昔、鶏を飼っていて私は休みの日などに行く度に
餌をあげたり卵を取りに行ったり鶏の観察をしていました。
観察しているととても面白いのです。
鶏って人間のように性格が強いもの、弱いもの、その中間
とはっきりあって行動に大きな違いがありました。
朝、祖母に鶏の卵を取りに行くのを頼まれて
取りに行ったら産み立てで卵はじんわり温かかったのに驚いて
感動したことをまだはっきりと覚えています。
産み立てだから温かいのは当たり前なのですが
その時私は生まれて初めて産み立てのホカホカ卵を手にして
興奮しました。両手で卵を大事に持って「あったかい!」と言いながら
祖母のもとに走っていったんです。いい思い出です。
鶏とひよこには様々な思い出があります。
それについては今度別の機会に沢山書こうと思います。

最近生き物と触れ合えるカフェが多いですが
鳥カフェってテレビでも取り上げられたりしていますよね。
行ってみたいです。
ようこそ!とりみカフェ!!~鳥カフェでの出来事や鳥写真~

オカメインコも魅力的!頬の赤色がかわいらしいです。
SHINROKU

そして鶉。鶉というと茶色とかのイメージしかなかったのですが
爬虫類などの即売会のイベントに行った時
鶉を売ってるブリーダーさんがいました。
色々な種類がいるんだなぁと思いました。
そのとき初めて真っ白な鶉を見て
うわああーーー可愛いって思いました。
イベントだからかお値段も安かった…。確か1980円くらいでした。
http://www.ceres.dti.ne.jp/~kaorito/uzura.html

いつか飼える日に備えてケージを比較してみたり
餌を色々調べてみたりネットで検索したり、鳥飼いさんのブログを拝見したり
飼育書読んだり…。なんか色々やってます。
そういうことをしている時間もまた楽しいものだと思います。
鳥さん、いつの日か…!

関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 鳥さんとの暮らし | ジャンル: ペット

いつか飼いたいシリーズ1~ヒガシオニプレートトカゲ~

いつか飼いたい!と思う生き物はたくさんいまして
その中の一匹はヒガシオニプレートトカゲです。

オニプレートトカゲ Wikipedia
分布:カメルーン、ケニア東部、コンゴ民主共和国、
スーダン南部、スワジランド、タンザニア、中央アフリカ、
マラウイ、南アフリカ共和国、モザンビークなど。
最大全長48cm。

サバンナ等に生息する。地表棲。昼行性。
岩の隙間やシロアリの蟻塚等で暑さが厳しかったり
外敵に襲われると地面にあいた穴やシロアリの蟻塚に潜って逃げる。
食性は雑食で、昆虫類、節足動物、
小型爬虫類、小型哺乳類、花、果実等を食べる。

性質や飼育方法はコチラにも↓
ヒガシオニプレートトカゲ All About

*********************************************

爬虫類倶楽部に行く度に気になります。
大きいなかわいいなと思いながら凝視。笑
目が大きくて愛らしい顔立ちをしているんです。
雑食で野菜やコオロギ、リザードフードを食べるそうです。

以前お店で触らせてもらったとき私の指をペロペロして
肩のほうまで抱きついてきました。
腕にがしっと抱きつかれる感触におぉ…と幸せを感じました。
店員さんも「飼いやすいのでおすすめですよ^^」なんて仰って。

欲しい。

一緒に店に来ていた兄も「買っちゃえよ^^」なんて言う。
「でも…。欲しい。うぅ…。欲しい。この子が欲しいー!」
と頭の中がぐるぐるしましたが冷静になって
後ろ髪ひかれつつも私は家に帰りました。

母に話してみると
「そんな大きなトカゲ飼えるわけ無いでしょ!」
と驚かれました。
私はどうしても欲しい旨を話すと(買って欲しいと頼んでいるわけではない)
「…そんな大きなトカゲ、怖い」と言われてしまいました。
爬虫類や両生類に関して「気持ち悪い」は言われ慣れているのですが
「怖い」と言われたのは初めてでした(・ω・)

そうか、怖いのか…。怖い対象を家に置くのは…だめだよなぁ。
とオニプレートは一旦諦めました。現在保留中です。
お店に行く度にいいなぁと思いながらよく眺めています。
いつか…いつか飼いたい!と思いながら。

関連記事
テーマ: 爬虫類 | ジャンル: ペット