FC2ブログ

イモリ3周年記念日

アカハライモリ夫妻を迎えて3年経ちました。
ハナダイモリ夫妻も同じ時期に迎えたのですが残念なことに
もう記念日を迎えることができなくなりました。
ハナダイモリ夫の水面から顔を出してこっちを見てくる
かわいい顔を思い出したり、ハナダイモリ妻が見せた生命力に
本当に凄いなと感じたのも思い出のひとつです。

妻に食べられて短くなってしまったアカハライモリ夫の尻尾。
でもいずれは再生するようなのでしばらく別々にして
アカハライモリ夫にはのんびり過ごしてもらおうと思います。

コオロギも食べるし活発な夫。
P4302831.jpg

写真を撮っていて思ったのですが食べられて先が丸くなった尻尾が
なんか以前のようにとがってきた感じがします。
ちょっとずつ再生してきているのかな。ちょびっとだけど変化が↓
P4302826.jpg

夫の写真ばっかですが妻も元気で毎日泳ぎまくって食欲旺盛です。
P4302833.jpg
アカハライモリ夫妻今のところ別居中ですが2匹とも
とりあえずとても元気です。
来年の記念日も元気で迎えようね。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 両生類 | ジャンル: ペット

ハナダイモリが亡くなりました。

ブログには書いていませんでしたがここ最近
ハナダイモリ妻の体調が思わしくありませんでした。
自分ができることをやろうと自分なりにやって
それでひっそりと張りつめた日をおくっていました。

今日の朝まで生きていました。
ふっと見たらいつ亡くなったのか、もう動かなくなっていました。

死んだってわかったときは張りつめていた自分の気持ちが
一瞬解けたような感じがしました。
ハナダイモリ妻をプランターに埋めて
プラケースを洗っていたらじわじわと涙が出てきました。
ハナダイモリはとても綺麗なイモリで
今まで何度もその姿を見ては綺麗だなと繰り返し思っていました。
埋める前にハナダイモリの顔を見ていたら
今までのことが思い起こされました。
亡くなってもハナダイモリの目はとても綺麗な目をしていました。

ハナダイモリはよく頑張って生きたと思うしすごい生命力だと思いました。
小さい体にものすごい「生きる力」を持っている偉い生き物だと思いました。

関連記事
テーマ: 両生類 | ジャンル: ペット

冬のハナダイモリ妻

最近のハナダイモリ妻。
PC172752.jpg

上手く写真に撮れないのですがハナダイモリ妻の瞼は
薄いひんやりとした青色で儚げな感じがして綺麗です。
PC172753.jpg

PC172755.jpg

PC172756.jpg

PC172757.jpg
毎日寒いですが生き物たちはそれぞれ活発です。

最近時間をみつけては掃除をしていました。
生き物の飼育スペースを掃除して残りはプリンとアカハライモリのところだけ。
フクロモモンガのピッピのところも掃除をして
木のおもちゃ(ウッディートーイ ウッドステア)がボロボロになってきたので
随分前に買って置いた新しいものに変えました。
新しいのはやっぱり木のいい香りがします。

激落ちくんのスプレータイプとスポンジのおかげで掃除が簡単で捗ります。
スプレーをかけてスポンジでこするだけでスルスルと汚れが落ちるので楽ちん。
なんて便利なんだ。


追記は最近の心境の変化。
続きを読む
関連記事
テーマ: 両生類 | ジャンル: ペット

妻は変わらず

ハナダイモリ妻元気です。
PB192699.jpg

PB192701.jpg

この日はあまり出てこなくてこんな感じの写真ばかりに^^;
PB192702.jpg

PB192703.jpg

PB192705.jpg

最近プランターにヒメオドリコソウが生えてきました。
すっかり寒い季節になりましたが
プランターの植物に水をあげたり毎日観察をしていると
変化があり面白いものです。
ヒメオドリコソウまめちゃんとプリンにあげよう。
野草摘みに行こうと思っていたのに…結局行けずに冬になってしまった(・・;
そろそろコオロギがなくなりそうなので買いに行かなきゃだ。

関連記事
テーマ: 両生類 | ジャンル: ペット

こんな記事が続くのもどうかと思いました

でも「生き物」メインのブログを(一応)しているつもりなので
あったことは全部書きます。

ハナダイモリ夫が亡くなりました。
数日前に体に浮腫みが出てきて
県内で両生類も診てくれる病院を探してみつけました。
でもまず自分でできることをやろうと思い
濃度ややり方を調べて慎重に塩浴をしました。

塩浴をしたら脱皮をして浮腫みが少し改善されました。
浮腫みがある以外はいつもと変わらず活発で
餌も食べたそうにしていたので
このままよくなるのではないかと思いました。
でも塩浴した次の日の朝起きて見てみたら
片方の手足を歩く時の動作のように傾けて
亡くなっていました。

亡くなった当日はなんだか誰にも話したくなくて
泣きたくもなくてわざと隠していつも通りに過ごしました。
その次の日にハナダイモリをプランターに埋めて
プラケースを洗っていたらすごく悲しくなってきて泣きました。

最初の時点で病院に連れて行かず塩浴したのは驕った気持ちではなく
自分でできることをしようと思ったからなんです。
でも結果的には間違っていたのか…。

やっぱり生き物が亡くなると申し訳ないという
感情が出てきてしまいます。
こういう結果になったので言い訳にしかならないのですが
自分なりに一生懸命、でした。

こんな内容の記事が続いてしまってすいません。
読んだ人はどう思うかなと思いましたが書きました。
水面から顔を出してこっちを見てくれる
ハナダイモリ夫かわいかったです。
悲しいのですが一人で思いっきり泣いたら
だいぶマシになりました。

関連記事
テーマ: 両生類 | ジャンル: ペット