FC2ブログ

きみとの日々

ヘルマンリクガメまめちゃんです。
ごはん食べた後で散らかっています。
口元に野菜くっついてる。
IMG_1329.jpg

IMG_1330.jpg

IMG_1331.jpg

IMG_1333.jpg

まめちゃんが食事中に私に気が付くと
「あ、何か用?」という感じで
野菜を乗り越えてこっちにぐいぐい来ようとします。
なので邪魔にならないように食事中は
まめちゃんにバレないよう少し隠れて見守ります。

まめちゃんの爪を定期的に切っています。
切りすぎて出血させたりなどの失敗は一度もないのに
毎回切り終わった後にまめちゃん
「え・・・?あなたこんなひどいことするんだ・・・」みたいな
人間不信の表情をします。
でも一時間位昼寝したらいつもの表情に戻ります。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 爬虫類 | ジャンル: ペット

ヘルマンリクガメの現在の床材

ヘルマンリクガメまめちゃんの床材なんですが
結局一番最初に使っていたものに戻りました。

最初はコーンクリーンベッドを使いそれから
別の商品を使っていた時期がありまして。
その別の商品と言うのがおがくずをペレット状に固めたものなんです。
コーンクリーンベッドより安価というのもあって
使っていたのですが、掃除が割と面倒。
ペレット状のものが崩れるととても細かい粉状になり
それがあちこち舞って掃除が大変なのと
粉が舞うのでそれを少なからずまめちゃんが吸っていて
(まめちゃんは元気ですが)そこら辺も気になっていて。
もっと小さい子亀ちゃんサイズとかならペレット状のまま
上手く使えそうだと思います。
まめちゃんくらい大きくなるとどしどし乗ったり歩いたりして
押しつぶしてペレット状から粉状になるので。

マルカン コーンクリーンベッド 小動物用 900g
71W6byknHZL__SY679_.jpg
画像はamazonから。

それと最近これはどうなのかな?とお試し感覚でこちらを購入。
こちらはクルミの殻でできていてコーンクリーンベッドより粒は小さめです。
コーンクリーンベッドに混ぜてみましたが
特に香りもなく使いやすいです。まめちゃんも気にせず過ごしています。

カミハタ デザートブレンド 1.5kg
71XVZ8Ta4RL__SY679_.jpg
画像はamazonから。

こういう素材で作られたものだとやはり安心感があります。
両方とも粉状にならないので楽。

関連記事
テーマ: 爬虫類 | ジャンル: ペット

レパシーグラブパイ(Grub Pie)2個目

レパシーグラブパイ(Grub Pie)、2個目使ってます。

パッケージがさりげなく変わっています。
ボトルの大きさも若干違います。
IMG_0950.jpg
←2個目。 →1個目。

IMG_0949.jpg

新しい方は以前のより粉が明るい茶色になっていて
香ばしい香りと少しきな粉のような甘いふんわりした感じの香りが
UPしているように感じました。
おいしそうな香りがUPした感じです。
なんとなくなのですが
ニシアフリカトカゲモドキのチョコの食いつきだけが少し
上がった気がします。味も少し変わったのかしら。
ともかく皆おいしそうに食べています。

IMG_0951.jpg

フクロモモンガのピッピはいつもなら寝ている時間なのに
グラブパイを皆に給していると
毎回目を覚まして「くれくれー」と待っています。
匂いで目が覚めるのかな?^^

関連記事
テーマ: 爬虫類 | ジャンル: ペット

レパシーグラブパイ(Grub Pie)現在

あっという間に11月。日が経つのがとても早く感じます。
レパシーグラブパイ(Grub Pie)初挑戦
レパシーグラブパイ(Grub Pie)その後
から変化があったので書きます。

グラブパイはアジアジムグリガエルのキクラゲが
口が小さいため上手く食べることができないことと
ニシアフリカトカゲモドキのチョコはコオロギが大好きで
グラブパイは食べるものの食いがいまいちなので
サブとしてたまーに使っていました。

IMG_0483.jpg
でもアジアジムグリガエルのキクラゲが亡くなってしまいました。
それと偶々続けて使ってみたところニシアフリカトカゲモドキの
チョコの食いがよくなりきっちり食べるようになりました。
このことがありグラブパイをメインにしても
いいのではないかと思うようになりました。
それで今現在はコオロギをメインに使うことをやめて
グラブパイをメインにしています。

コオロギのお世話を毎日する必要がなくなりました。
を扱うというのは色々と気を遣うので
それがない今はかなり楽ちんです。
グラブパイはカロリーが高いので食べさせ過ぎないように
様子を見ながら使っています。

あと、フクロモモンガのピッピがグラブパイを好んでいて
嬉しそうに「プクプク」と鳴きながら食べます。
オオアシカラカネトカゲのメロンもガブリと大口で食べます。
の度に皆が食べる様子を見ながら
「余程おいしいんだな」と思います。

関連記事
テーマ: 爬虫類 | ジャンル: ペット

レパシーグラブパイ(Grub Pie)その後

昨年の記事「レパシーグラブパイ(Grub Pie)初挑戦」の
続きみたいなものを書きます。
上記の記事では「しばらくグラブパイで過ごしてみよう」
で文章は終わっています。
グラブパイがメインになったら便利だなと思いましたが
日を開けても続けてグラブパイを給すると
飽きるのかやはりコオロギがよいのか食いが少し落ちました。
なのでグラブパイはコオロギが切れたときか
私の気分でたまに給するサブということになり使っています。



2~3回使ってみたらお湯の量のさじ加減がわかってきました。
小さい器に最初にお湯を適量入れてそのあとに
グラブパイの粉末を入れるとやりやすいです。

使うようになってからニシアフリカトカゲモドキに変化がありました。
最初の頃はお箸で掴んで目の前でちらちら見せないと
ニシアフリカトカゲモドキは食いつきませんでした。
でも段々と慣れてきたのかグラブパイを床に置いた状態で
パクパクと食べるようになりました。
ヒョウモントカゲモドキ、オオアシカラカネトカゲは
最初の頃と変わらず上手くパクパク食べます。
アジアジムグリガエルには味も香りも好印象のようなのですが
アジアジムグリガエルは口が小さいので
グラブパイを上手く給するのは難しいです。
アカハライモリには小さい塊を給するとぱくりと食べます。
クランウェルツノガエルはグラブパイに
残念ながら全く反応を示しませんでした^^;

私にはメインにはなりませんでしたが
やはり便利な商品だと思います。

関連記事
テーマ: 爬虫類 | ジャンル: ペット