レパシーグラブパイ(Grub Pie)2個目

レパシーグラブパイ(Grub Pie)、2個目使ってます。

パッケージがさりげなく変わっています。
ボトルの大きさも若干違います。
IMG_0950.jpg
←2個目。 →1個目。

IMG_0949.jpg

新しい方は以前のより粉が明るい茶色になっていて
香ばしい香りと少しきな粉のような甘いふんわりした感じの香りが
UPしているように感じました。
おいしそうな香りがUPした感じです。
なんとなくなのですが
ニシアフリカトカゲモドキのチョコの食いつきだけが少し
上がった気がします。味も少し変わったのかしら。
ともかく皆おいしそうに食べています。

IMG_0951.jpg

フクロモモンガのピッピはいつもなら寝ている時間なのに
グラブパイを皆に給していると
毎回目を覚まして「くれくれー」と待っています。
匂いで目が覚めるのかな?^^

関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 爬虫類 | ジャンル: ペット

レパシーグラブパイ(Grub Pie)現在

あっという間に11月。日が経つのがとても早く感じます。
レパシーグラブパイ(Grub Pie)初挑戦
レパシーグラブパイ(Grub Pie)その後
から変化があったので書きます。

グラブパイはアジアジムグリガエルのキクラゲが
口が小さいため上手く食べることができないことと
ニシアフリカトカゲモドキのチョコはコオロギが大好きで
グラブパイは食べるものの食いがいまいちなので
サブとしてたまーに使っていました。

IMG_0483.jpg
でもアジアジムグリガエルのキクラゲが亡くなってしまいました。
それと偶々続けて使ってみたところニシアフリカトカゲモドキの
チョコの食いがよくなりきっちり食べるようになりました。
このことがありグラブパイをメインにしても
いいのではないかと思うようになりました。
それで今現在はコオロギをメインに使うことをやめて
グラブパイをメインにしています。

コオロギのお世話を毎日する必要がなくなりました。
を扱うというのは色々と気を遣うので
それがない今はかなり楽ちんです。
グラブパイはカロリーが高いので食べさせ過ぎないように
様子を見ながら使っています。

あと、フクロモモンガのピッピがグラブパイを好んでいて
嬉しそうに「プクプク」と鳴きながら食べます。
オオアシカラカネトカゲのメロンもガブリと大口で食べます。
の度に皆が食べる様子を見ながら
「余程おいしいんだな」と思います。






関連記事
テーマ: 爬虫類 | ジャンル: ペット

グラノーラ

遠出をして普段行かないところのホームセンターに行きました。
ペットコーナーが充実していて色々な商品を見て楽しかったです。
驚いたのが小動物と鳥商品で
様々な「グラノーラ」が販売されていたことです。
グラノーラは流行っていますがペット業界でも
グラノーラが流行っているんだなと思いました。
グラノーラはペット用でもとても美味しそうで
「面白いもんだなぁ」と思いつつ眺めていました。

フクロモモンガのピッピにと思ってひとつ購入。
1472116465146save.jpg
毎回使ったら太ると思うのでたまにごはんに混ぜて
使っています。おいしいらしく食いつきがいいです。
量はそれほど沢山入ってはいませんが
様々な種類のものが入っていて便利です。
栄養満点だし美味しそう。

関連記事
テーマ: フクロモモンガ | ジャンル: ペット

レパシーグラブパイ(Grub Pie)その後

昨年の記事「レパシーグラブパイ(Grub Pie)初挑戦」の
続きみたいなものを書きます。
上記の記事では「しばらくグラブパイで過ごしてみよう」
で文章は終わっています。
グラブパイがメインになったら便利だなと思いましたが
日を開けても続けてグラブパイを給すると
飽きるのかやはりコオロギがよいのか食いが少し落ちました。
なのでグラブパイはコオロギが切れたときか
私の気分でたまに給するサブということになり使っています。



2~3回使ってみたらお湯の量のさじ加減がわかってきました。
小さい器に最初にお湯を適量入れてそのあとに
グラブパイの粉末を入れるとやりやすいです。

使うようになってからニシアフリカトカゲモドキに変化がありました。
最初の頃はお箸で掴んで目の前でちらちら見せないと
ニシアフリカトカゲモドキは食いつきませんでした。
でも段々と慣れてきたのかグラブパイを床に置いた状態で
パクパクと食べるようになりました。
ヒョウモントカゲモドキ、オオアシカラカネトカゲは
最初の頃と変わらず上手くパクパク食べます。
アジアジムグリガエルには味も香りも好印象のようなのですが
アジアジムグリガエルは口が小さいので
グラブパイを上手く給するのは難しいです。
アカハライモリには小さい塊を給するとぱくりと食べます。
クランウェルツノガエルはグラブパイに
残念ながら全く反応を示しませんでした^^;

私にはメインにはなりませんでしたが
やはり便利な商品だと思います。

関連記事
テーマ: 爬虫類 | ジャンル: ペット

レパシーグラブパイ(Grub Pie)初挑戦

最近巷で話題のレパシーグラブパイ(Grub Pie)を買ってみました。
グラブパイは
「昆虫を主食とする爬虫類両生類・鳥の主食となるゲル状人工飼料」。
爬虫類だけでなく両生類や鳥など小動物にもOKという
なんとも便利な商品です。
最初はちょっと迷っていたのですが色々なブログやサイトで
拝見していて食いつきがかなり良いらしく
好印象だったので興味を持ちました。

お値段が少し高く感じますが
(まあでもなんでも専用のものは高いですよね^^;)
利便性を考えるとよい商品なのかなと思います。
実はここ最近コオロギ飼育が少し上手くいっておらず
どうにかならないものかと色々と考えていました。
ちょっと不調続きで、私にはコオロギって飼育している
生き物たちの中で一番手がかかるぐらいなものでして。
コオロギ飼育についてもやもやと考えていたのを
きっかけにグラブパイをcharmで購入してみました。
IMG_0483.jpg

作り方。粉状のグラブパイにお湯を入れてかき混ぜて
冷えると固まるのでそれを適当なサイズに切って完成。
お湯を入れて冷えると固まるというのは
リクガメ用ゼリーのリックゼリーと同じですね。

どんな香りがするのかと思ったら海老のような香ばしいいい香り。
IMG_0486.jpg

オレンジ色の粒はなんだろう?
IMG_0487.jpg

固まりました。
IMG_0488.jpg
想像していたよりちょっと緩めにできちゃいました。
本当はもう少し固めに作りたかった。慣れれば上手く作れるのでしょうかね。


*結果*
ヒョウモントカゲモドキ、ニシアフリカトカゲモドキ、
オオアシカラカネトカゲ、アカハライモリ、
アジアジムグリガエル、フクロモモンガ
みんなグラブパイを食べました。
最初に匂いを嗅ぐとぐわっとかぶりついていました。
動くコオロギしか食べないニシアフリカトカゲモドキのチョコは
食べるかどうか心配していましたがもりもりと食べました。
最初匂いを嗅いで小さく一口食べた後、下に置いた状態で食べていました。
今まで動くものにしか反応を示さなかったのに、これには驚きました。
オオアシカラカネトカゲのメロンも大口を開けて食べていました。
みんな「なんだこれ!うまいぞ!」という感じで食べていたので
よほどおいしかったのでしょう。
アジアジムグリガエルのキクラゲも食べましたが少し食べにくそうでした。
アカハライモリ夫妻も勢いよく食べていました。水が汚れないところもいい。
予想以上に食いつきがいいです。なるほど、凄い商品だ。グラブパイ(゜゜)
ハムスターのゆきちゃんが生きていたらきっと喜んで食べたと思う。

一応コオロギもいるのですが
しばらくこのグラブパイで過ごしてみようかと思います。

関連記事
テーマ: 爬虫類 | ジャンル: ペット