ウーパールーパーの飼育環境

ウーパールーパーモモちゃん飼育環境
というか道具?が少し変わりました。
ちょっと前に体調を崩したときに濾過器を買い換えました。
水作スリムエイトミニから水作エイトSに変更。

今まで使っていたものが平べったいので新しいものがだいぶ大きく感じます。
右から左のものに変更。
PB052205.jpg

それと麦飯石を購入。
ウパ水槽とイモリ水槽に入れました。
PB052203.jpg

あれからモモちゃん元気で過ごしています。
活発で元気に泳いだりしています。


イモリに餌をあげようとプラケースの蓋を開けると
「餌だ!」と興奮してお互い噛み付き合ったりして暴れます^^;
この前なんか暴れたイモリの尻尾で水が撥ねて
ちょっと顔にかかりました。
「口に入らなかっただけマシか」なんてことを
顔を洗いながら思いました。

スポンサーサイト
テーマ: ウーパールーパー | ジャンル: ペット

マーブルサラマンダーの飼育環境、餌

マーブルサラマンダー
名前は小豆(あずき)。今年の1月3日購入。

飼育環境
・スタック小 セット ホワイト(230×150×160mm)
・水蘚
・ピートモス
・水入れ(キャンドゥの小鉢)


・ヨーロッパイエコオロギ
・ミディアムワーム

サプリメント
・爬虫類牧場パウ 炭酸カルシウム(PC182)

121700_ed_ed.jpg

お店ではヘゴ板で飼育されていましたが
ピートモスにしてみました。
ピートモスの上に水で濡らして
絞った水蘚をおいています。

は1週間に1,2回と言われました。
サラマンダーってあまりガツガツ食べないのかな
と思い控えめに給しています。
でもここ最近毎日のように「くれ」って顔で
こっちを見ていることが多いです^^;
コオロギはSサイズをあげています。
当初は箸から食べなかったのですが
最近は慣れてきたのか箸から食べてくれるようになりました。

普段あまり動かずじっとしていますが
を食べる際のがっつき具合は結構すごいです。
意外と力が強い。

肌はプリっとパツっとしていて独特の感触です。
かわいい顔つきをしています。

爬虫類倶楽部の年始セールで
何がセールになるか知らなかったのですが
本能的な何か、直感が働き
マーブルサラマンダーがセールになる!」と思い
行ってみたら本当にセール品になっていました。
「や、やっぱりな!」とニヤニヤしつつ
店員さんに見せてもらいました。
2匹いて顔と模様をじっとみて
「この子ください」と決めました。
実はマーブルサラマンダーは去年から
密かに欲しい…と思っていました。

1201713_ed.jpg
毎日飽きずにじっと観察しています。

テーマ: 両生類 | ジャンル: ペット

アジアジムグリガエルの飼育環境、餌

アジアジムグリガエル4匹
名前トマト(オス) 赤茶色 5月8日で家に来て1年。 
   ピンク(たぶんメス) 薄い桃色 5月28日〃
   ごまちゃん(不明) 背中に模様 8月27日〃
   くろまめ(不明) 黒い     11月27日〃

飼育環境
・飼育容器 中 青(290×185×205mm)
・赤玉土
・水入れ


・ヨーロッパイエコオロギ
・ミディアムワーム

サプリメント
・爬虫類牧場パウ 炭酸カルシウム(PC182)

122305_ed_ed.jpg
ピンクごまちゃん
トマトくろまめ

私は赤玉土を使っていますが
両生類専用のソイルや黒土、ピートモスなど
色々なものが使えると思います。
汚れ具合によって2~3ヶ月に1度床材は換えます。
たいして汚れないのですが…

は3~4日に一度です。
くろまめはワームは食べません。

たまに脱皮しています。
皮を食べていたり、床材の中に
皮がぴろんと残っていたりします。

アジアジムグリガエルはもちもちぷにぷにしていてかわいいです。
顔つきや体色、模様の有り無しなど
よく見てみると色々な子がいます。
飼育もし易いです。

アカハライモリとハナダイモリの飼育環境、餌

アカハライモリ
名前アカハラ夫妻 家に来たのは4月ごろ
ハナダイモリ
名前ハナダ夫妻  気がついたら家に…^^

飼育環境
・マルカン プラケースワイドビュー(大)
・水作 飼育セット ミニ 飼育しようヨ!
・流木 大
・テトラ アクアセイフ 
・ろ過するバクテリア


・コメット ウーパールーパーの主食
おやつ
・乾燥イトミミズ(コメット カメのエサ)

プラケースの中に大きな流木をどん!と入れてます。
流木はホームセンターで買ってきました。
アク抜きされた流木で大きいのにかなり安く買えました。
アカハライモリ(夫)はよく流木の上に乗っています。
アカハライモリ(妻)は専ら泳いでいます。
ハナダイモリは陸に上がることはないです。
アカハラより泳ぎが上手く、動きが速いです。

アカハライモリは食欲旺盛です。
ハナダイモリはお店ではコオロギを食べていたためか
家に来た当初は人口飼料をあまり食べませんでした。
徐々に人口飼料に慣れて今ではよく食べています。

水換えは2~3週間に1度。
は暖かい季節は2日に1度。
寒い季節は4日に1度くらいです。

アカハライモリは出身地によりお腹の模様や赤い色の量が
違うようです。県によって色々あるようです。
うちの夫妻はどこ出身なのか…わかりません^^;
顔つきは個体によって微妙に違いがあります。
繁殖期にはオスの尾に薄紫色っぽい婚姻色が
出るんですがそれが結構綺麗なんです。

アカハライモリの腹部模様 国内分布

ハナダイモリは中国のイモリです。
ほっぺに丸くオレンジ色がついていてかわいいです。
かわいらしい顔つきをしています。
体色も明るく綺麗です。薄い緑色です。

http://allabout.co.jp/gm/gc/70581/2/

アカハライモリってホームセンターやペットショップで
よく見ますが真っ黒なのがほとんどですよね。
アカハラ夫妻は近所のホームセンターで買いましたが
かなり黒いです。
でも爬虫類倶楽部のアカハライモリは体色が明るいんです。
真っ黒じゃないんですよね。お腹も真っ赤なのが多い気がします。
仕入先による差なのかの違いでしょうかね。
の方が体色が明るくなるのかなー。

丈夫で飼い易いですし
イモリたちの行動をボーっと見ているのは楽しいです。

ものぐさのためのアカハライモリ飼育講座
なんとなくイモリを飼い始め、なんか退屈だなと思ったらイモリがそこにいて、退屈だからとイモリを眺め、気付いたら30分くらい経ち、ああ退屈だったなと思うことができれば、まさにイモリを飼っているとみなすことができよう。

締めの文に書かれていたのですがまさにそうだなと思いました。
イモリ飼育って楽しいです。

テーマ: イモリ | ジャンル: ペット