「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」を観てきました

NARUTOの映画「THE LAST -NARUTO THE MOVIE- 」を観てきました。
7日に行きました。近所の映画館だったので
それほど混んでおらずのんびり観ることができました。
年齢層は子どもから20代、30代くらいが多かったです。

パンフレットとキューピーちゃんナルトを買いました。
PC072872.jpg

グッズは買うつもりはなかったのですが
キューピーちゃんナルトがかわいくってつい。笑
細部まで結構ちゃんとできてます。青い目がかわいいっ
PC072876.jpg

「列の書」。
PC082872.jpg

映画の口コミサイトなどでこの映画のレビューを見たら
かなり辛口なものが多かったですが^^;
私はいい作品だったなと思いました。

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」も上映中でこの映画の
グッズがかっこよくて映画は観なかったけれどグッズが欲しくなりました。
黒い鳥と骸骨のデザインでかっこいいんです。
カードケースがいかつい感じでかっこよかったなぁ。

ここからネタバレ?の
THE LAST -NARUTO THE MOVIE- 」の感想をだらりと。


今回の映画ではナルトとヒナタがどうなって思いが
つながるのだろうかとワクワクしながら観ました。
戦うシーンは迫力がありかっこよくて今回はスケールもものすごーく大きい、
それでいて心理描写は繊細でとても見応えがありました。
男の子たちはそれぞれしっかりした青年に成長していて
女の子たちは美しく綺麗にになっていて
「あ~みんな大きくなったんだなぁ~」などと
しみじみ思いながら観ていました。
ヒナタは黒髪と白眼で神秘的な美しさを持った女性になってました。
ムッチリボディなところもよかったです。笑
サクラは凛とした感じの綺麗な女性になっていてよかったです。
サクラかっこよかった!
それとイルカ先生好きなのでちょこっとですが出ていて嬉しかったです。
映画を観に行く何日か前にテレビで竹内順子さんが
ナルトがしている赤いマフラーに注目してほしい的なことおっしゃっていて
映画を観ていてなるほどなるほど、と思いました。
赤いマフラーが物語の中できらりと光る要素なんです。
サスケとサクラのやり取りが観れるかと期待をしていたんですが
サスケは思った以上に登場回数が少なかったです。
サスケグッズは結構販売されていましたが。
他のキャラクターにも言えるのですがそれぞれのキャラたちが
どんな風に恋愛や結婚に発展したのかもっとその辺も
観たかったな~なんて思いました。
今回の敵キャラのトネリ、なんか最初から最後まで「孤独」という感じがして
ずーっと観ていて複雑な心境になりました。寂しいような…。

ヒナタのナルトへの思いは微笑ましさともどかしい感じが
やっぱり観ていてとても胸がときめきました。
今回の映画は戦闘シーンもたくさんあるけれど
「ときめき」が満載だったように思えます。
キスシーンもキラキラしていて「あぁ素敵…!」ってなりました^^

2人の結婚式のシーンではたくさんの仲間や先生がみんなで
お祝いしていて…すごくいいシーンでした。
これまでのナルトのこと(主に初期の頃とか)を思い返して
「大切な人ができて家族ができたんだなぁ」と思ってここでじーんとしました。
観た後、素直に「いい映画だったな」と思いました。もう1回観たいぐらい。
是非是非皆さんにも観てほしいです。観た後幸せな気持ちになるので。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ブログ | ジャンル: ブログ
Tag: 雑記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する