3月11日

あの日はたまたま家にいました。
いつまでも揺れが止まらずこれはおかしい、と思いました。

ニュースをつけて
その地震がどれほど巨大なものなのか
どれほどの被害かということを知り
一体日本はどうなってしまうんだろうと
恐ろしくなったのを覚えています。

母方の祖父母と親戚が岩手と宮城に住んでいるのですが
内陸部に住んでいるため
怪我もなく全員無事でした。
家族や友人には特に被害が無かったのが救いです。

電力が足りないとニュースで報道されたその日から
近所の家々の明かりが夜になってもほとんど
点かなくなりました。
人が困っているのだから
当たり前といえばそうかもしれませんが
明かりの点いていない家を見て
「誰かの助けになりたい」という
無数の思いの表れのように感じました。

できることはしようと昼間は電気は点けず
なるべく使わず、小額ですができる限りの募金をしました。

家族、友人、恋人、思い出の染み付いた家
思い出の詰まったもの
大事なものがある日突然奪われてしまう。
物質的なこと精神的なこと肉体的なことの助けを
必要としている方々は大勢いる。
1年経つ今も助けを必要としている人が沢山いる現実。

自分ができることは
ほんの1粒くらいの小さなことでも
やっていくしかないと思う。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ: つぶやき | ジャンル: ブログ
Tag: 雑記

コメント

できることを一つずつ、ですね

2012/03/11 (Sun) 20:17 | チョコママ #a2H6GHBU | URL | 編集
No title

nanokawaさん、こんばんは!

もう震災から1年たつんですね。あの日、僕もたまたま家にいて、地震時は同じ様に家族を避難させる為、リビングにある水槽を抑えてました。
僕の両親も岩手の人間で沿岸に住んでいたらしく、あの映像を見てショックを受けていました。

nanokawaさんは本当に心の優しい素晴らしい方です ね。nanokawaさんの優しいコメントを見ると、僕自身凄い恥ずかしい人間で情けなくなってしまいます。

これからも、ず~と優しいnanokawaさんでいてくださいね!!

         nanokawaさんファンの俺参上!!純一より

2012/03/11 (Sun) 20:51 | 俺参上!!純一 #- | URL | 編集
チョコママさんへ

コメントありがとうございます!!
どんなに小さくても
ひとつひとつの積み重ね…
っていうことを考えさせられる
出来事でした。

2012/03/11 (Sun) 23:11 |  nanokawa #- | URL | 編集
俺参上!!純一さんへ

コメントありがとうございます!
ご両親は沿岸部に住んでらっしゃったんですか。
大変でしたでしょう…。
津波の映像はテレビで見ても辛いのに
実際に目の前で見たら
ショックですよね。   

恐縮してしまいます^^;
素晴らしくなんかないですよ。
私はなんというか、しょうもない人間なんです。
純一さんは恥ずかしくも情けなくもないです!
こんな言葉をかけてくれるのは純一さんが初めてです。
優しいなんて本当に言われたことないです。
とても嬉しいです。

こんな私ですがこれからも
よろしくお願いします。



2012/03/11 (Sun) 23:21 |  nanokawa #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する