生き物との別れ

昨年の年末に突然アカハライモリ夫が亡くなり心が落ち込みました。
それで今までのお別れしてきた生き物たちとのことを考えていました。

生き物の死、生き物との別れ。
今までひたすらに悲しい辛いという気持ちが大きいだけでした。
でも考えていくうちにひとつ自分の心の中で見つけることができました。
生き物が亡くなったら一緒にいることはできなくなるけれど
まるっきり全ての関係性を絶たれるわけではないと思ったんです。
一緒にいられないけれど一緒にいた時間が思い出となって
私の心の中にはたくさんの思い出があるんだと気づきました。
心の中では生き物とのつながりがあって
ずっと消えることはないんだと思えるようになりました。
すると悲しい辛いという気持ちが和らぎました。

こんな風に思えるようになったのはこのブログを
読んでくださる方々のおかげでもあります。
拍手があると励みになりますし
コメントを頂いたらそれもとても励みになります。
コメントを読んで様々な考え方や捉え方、アドバイスを頂いて
それがヒントやきっかけになるんです。
人との出会いや交流で自分なりに成長できたんだと思います。
ブログをやっていてよかったと思いますし
本当にありがたく感謝の気持ちでいっぱいです。
皆さん、ありがとうございます。



そういえば去年の年末いい感じで育ってきていた植物が
青虫さんたちに見事に食べられてしまい葉脈だけになってしまいました。
でももうひとつのプランターの方は無事でふさふさ茂ってきました。
そろそろ摘もうと思います^^久々の野草です。喜ぶだろうなぁ。

IMG_0617.jpg


関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ブログ | ジャンル: ブログ
Tag: 雑記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する